HEADLINE

作品データベース

夢の劇-ドリーム・プレイ- (2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夢の劇-ドリーム・プレイ-

日本の演劇界を牽引する二人の演出家、白井晃と長塚圭史がタッグを組み、ヨハン・アウグスト・ストリンドベリの戯曲に挑む!

バラモン教の神インドラの娘アグネスが、第三の世界=地球へ降り立ち、そこで様々な人びとに出会い、それぞれの暮らしを経験して、再び天空=神の世界へ戻っていく過程を描く。地上に降り立ったアグネスは恋人を待ち続ける士官、自分が扱った犯罪・悪行を反映して苦悶に満ちている弁護士等、苦難に満ちた人間たちと出会い、人間の存在の痛みを経験する。それぞれの場面は、“夢”の断片をつなぎ合わせたような構成になっており、インドラ神の娘が天空へ戻るさまは、まさに、人が“夢”から目覚める合図のようにも見える。

夢の劇-ドリーム・プレイ- 詳細情報

主催
  • KAAT神奈川芸術劇場
公演
劇場
  • KAAT神奈川芸術劇<ホール>
  • まつもと市民芸術館 実験劇場
  • 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
キャスト
スタッフ

『夢の劇-ドリーム・プレイ-』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP