HEADLINE

作品データベース

No.9-不滅の旋律- (2015年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sorry, no image.

鳴らせ。 私の頭の中の完璧な音楽。

1800年、ウィーン。ベートーヴェン(稲垣吾郎)は作曲家として聴覚障害という致命的な状況に犯され始めていた。孤独で閉鎖的な音楽と向き合う時間、愛する人との関係すらも身分の格差に悩まされ、心は破滅的になっていく。そんな中、ピアノ工房で出会ったマリア(大島優子)やふたりの弟、様々な人々との触れ合いが少しずつベートーヴェンに変化をもたらし始める。
国の情勢が刻々と変化していく中、ナポレオン軍の敗北がテーマの『ウェリントンの勝利』などの曲を発表し、成功を収め始めたベートーヴェンは頭の中に鳴り響く音楽をひたすら楽譜に残し続け、名曲を生み出していく。しかしそんな彼には、払拭できない大きな心の傷があった。幼少期に父親から暴力を伴う厳しい教育を受けた影響で、その幻影に悩まされる苦しい日々は終わらないままだった。そんな自分を自覚しながらも、自らが後見人となった次弟の息子カールに、自分の音楽の全てを託そうと異常なまでに執心してしまう。

内面の不安と世間の賞賛の中『第九』の演奏会。交響曲にコーラスを加えるという創造的な試みに対して、その大絶賛の拍手はベートーヴェンの耳に届いたのか。
ベート―ヴェンが生涯賭けて問いかける本当の芸術とはいったい何なのか?

No.9-不滅の旋律- 詳細情報

主催
  • TBS
  • キョードー東京
  • イープラス
  • 朝日放送
  • サンライズプロモーション大阪
  • RKB毎日放送
公演
劇場
  • 赤坂ACTシアター
  • オリックス劇場
  • 北九州芸術劇場大ホール
キャスト
スタッフ

『No.9-不滅の旋律-』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP