HEADLINE

作品データベース

明治の柩 (2015年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明治の柩

急逝した演出家・高瀬久男が闘病中に上演を熱望し挑んだ重厚な舞台

舞台になる足尾銅山は日本最大の鉱山として発展する一方、その鉱毒により汚染された渡良瀬川流域一帯に甚大な被害をもたらした。村人たちは窮状を明治政府へ訴えるべく押し出し(請願行動)を決行し、国会議員・旗中正造も住民のために奮闘する。しかし富国強兵を掲げる政府は、殖産興業を推し進めるべく銅山に肩入れし、住民を救済するどころか押し出しの先頭をつとめた若者たちを捕えるのだった。村を守る者、村を捨てる者。人々は運命に抗いながらそれぞれの進むべき道を模索し続ける…。

演出の高瀬久男は、第8回読売演劇大賞/優秀演出家賞。2002年にはアレクサンドル・デュマの傑作「巌窟王」を大胆に脚色・演出した『モンテ・クリスト伯』(主演:内野聖陽)で高い評価を得、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。2003年『アラビアン ナイト』で毎日芸術賞/千田是也賞、2010年は『高き彼物』『グレイクリスマス』で読売演劇大賞/優秀演出家、『カラムとセフィーの物語』で第45回紀伊國屋演劇賞/個人賞を受賞など、現代演劇を率いる若手演出家として数々の舞台を創りあげてきた。2012年には、ポーランドの問題作『NASZA KLASA(ナシャ・クラサ)』で演劇界に大きな衝撃をもたらし、第20回読売演劇大賞の最優秀作品賞/優秀演出家賞を受賞した。その後、社会に一石を投じる作品を送り出し続け脂の乗った時期での急逝であった。

遺作となった『明治の柩』は、闘病中の高瀬が上演を熱望し挑んだ作品である。

明治の柩 詳細情報

主催
  • 文学座
公演
劇場
  • あうるすぽっと
キャスト
スタッフ

『明治の柩』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP