HEADLINE

作品データベース

滝口炎上 (2015年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滝口炎上

日本人の心に愛され続ける時代劇―ブーム復活のため次世代の時代劇スター・滝口幸広、ここに見参!

舞台は三代将軍・徳川家光(滝口幸広)の治世。若くして将軍となった家光はお調子者でいい加減。実母のお江(小川菜摘)が経営する居酒屋でのんべんだらり、皆の笑顔に囲まれて愉快に暮らしていた。そんなある日。家光は町娘・おたま(大河内奈々子)に出会い、その心根の強さに惹かれる。互いのことを悪しからずと思う二人であったが、おたまは江戸幕府に不満がある様子。そんな中、島原で乱を起こし成敗された天草四郎(安西慎太郎)と森宗意軒(山崎銀之丞)が甦り幕府の転覆に向けて動きだしたという噂が城下に広まる。さらに!江戸城では徳川家康(大和田獏)の幽霊騒ぎが…。恋愛、反乱、幽霊…次々巻き起こる問題から、家光は江戸幕府を守ることができるのか―。

日本人の心に深く根付き、愛され続けてきた時代劇。本作は若い世代へその良さを伝えるため、そして、次世代の時代劇スター俳優の輩出を目指して企画された。これまでを作ってきた名優たちと、これからを担う若手俳優たちが一堂に会し、時代劇ブームの再来を目指す。主演に抜擢された滝口幸広は、自らの名を背負ってこの一大プロジェクトに挑む。

時代劇では、いわゆる勧善懲悪ものが王道だ。その中には、過去の先人たちが抱いた“未来の平和”への想いが込められている。第一部『将軍家光、悪を斬る』では、滝口演じる家光が遭遇する事件を通して、より良い国づくりを考える姿が様々な角度から描かれる。家光は、すでに統一された天下のもと若くして将軍になった。その肩には、平和な時代を存続させる責務が圧しかかる。しかし、将軍と言えどひとりの人間。凛とした風格を漂わせながらも、心に矛盾も抱える。それを乗り越えるのは“覚悟”ひとつだ。家光を取り巻く人たちの人情の中、“生まれながらの将軍”の等身大の魅力が光った。第二部は『滝口幸広ショー』と称し、タンゴやバイオリン演奏を披露。公演のために、約1年前から練習を重ねてきたというバイオリンはなかなか味のある演奏だったが、最後まで滝口幸広という役者の魅力も存分に味わえる内容となっていた。炎上は続くか。新たな時代の幕開けである。

滝口炎上 詳細情報

主催
  • る・ひまわり
  • 明治座
公演
劇場
  • 明治座
キャスト
スタッフ

『滝口炎上』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP