エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

ブロッケンの妖怪 (2015年)

『ブロッケンの妖怪』

竹中直人と生瀬勝久の強力タッグ企画第2弾!

絵本作家の打越と担当編集者の黒柳、そして、打越の放浪癖と浮気性を心配する恋人の桃が、とても小さな孤島にやって来る。孤島には大きな洋館がぽつんと一軒建っているだけで、あとはちょっとした森と砂浜しかない。
霧の濃い日はその霧に洋館の影が映り、海の上にもう一つの洋館が現れたような現象が見られる。いわゆる『ブロッケン現象』というものだ。霧に映った洋館の影を虹が囲むその美しい光景を打越たちは取材しに来た。
洋館には虹子という女とその娘の小真代、それから使用人の若い男、稲井が暮らしている。他に、生活に必要な品を本土から運んでくれる船乗り、泊が出入りする。
やがて打越たちは、洋館の影が日に日に大きくなっていることに気付く。
打越「まるで、そっくり同じ洋館が近付いてきてる感じだ」
黒柳「おい、向こうの洋館の中を見ろ……俺達もいるぞ!」

住人までがすっかりコピーされているようだ。
打越は洋館の影の中の自分に向かって叫ぶ。

打越「頼む! 俺と替わってくれ!」
黒柳「何を馬鹿なこと言ってんだ!?」

全てを手放そうとする者と、一つとしてこぼすまいと抱え込む者。霧に包まれた孤島で起きる不思議な物語……。

詳細情報

主催
  • 東宝
  • キューブ
公演期間
劇場
  • シアター1010
  • シアタークリエ
  • ほか
キャスト
スタッフ
公式サイト 『ブロッケンの妖怪』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る