HEADLINE

作品データベース

七人ぐらいの兵士 (2015年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
七人ぐらいの兵士

明石家さんまの演劇初出演作品が15年ぶりに復活!笑いと戦争の悲哀を描く。

戦時中の中国大陸。日本軍のある駐屯地で、ダメ兵士ばかり且つ大阪出身者ばかりが集められた分隊があった。彼らは一旦戦地に派遣されたものの再訓練となっていた。兵隊のリーダーである木下兵長(生瀬勝久)は、かつて漫才師であったが、高座の出番直前に相方に失踪された過去がある。訓練中の怪我で野戦病院に運ばれた木下は、“爆笑王”と入院患者達から呼ばれる男がいると、従軍看護婦・吉永花子(内田有紀)から紹介されるが、それはかつての相方•水嶋(明石家さんま)だった。ウソと詭弁の天才•水嶋はあらゆる手段を使って軍隊を逃げ出そうとするが、一方、木下は水嶋を殺そうと目論む。そんなある日、駐屯地に慰問団がやってくるという情報が….。水嶋は分隊の兵士達にある提案をするが、それが脱走を目論んでいた片岡(恵俊彰/中尾明慶)をはじめ、兵士達の気持ちに火をつける。それぞれ交錯する思惑は一体どうなるのか?!

七人ぐらいの兵士 詳細情報

主催
  • 日本テレビ
  • キューブ
  • 読売テレビ
  • 梅田芸術劇場
公演
劇場
  • Bunkamuraシアターコクーン
  • シアターBRAVA!
キャスト
スタッフ

『七人ぐらいの兵士』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP