HEADLINE

作品データベース

GREAT EXPECTATION-大いなる遺産- (2014年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GREAT EXPECTATION-大いなる遺産-

数奇な運命に翻弄される少年ピップ。紆余曲折の果てに彼が辿り着いたのは、果たして…!?

両親がいないピップは、鍛冶屋に嫁いだ姉の元に身を寄せ育てられる貧しい少年だった。ある日、墓地で謎の脱獄囚に出会ったピップ。恐れを抱きつつもその男を助けたピップ。その後、ピップの人生が大きくうねり始める。謎めいた老婦人と美しい養女との出会い。そしてある日、何者かの使いがやってきてピップにこう告げる。「あなたは大いなる遺産を手に入れた」のだと。

イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの長編小説が原作。ディケンズは自身の経験も投影させて本作を書きあげたという。ステージ上では既に大人になったピップが見守る中、少年から青年に成長するピップの人生が紡ぎだされていく。貧しい少年期と遺産を手に入れ都会で暮らす青年期とのギャップに、人生の山谷を重ねてしまう人も少なくないだろう。登場人物はいずれも何かしら陰を背負っており、明るい出口を見出しづらい物語だが、その中でも脱獄囚マグウィッチの闇を吹き飛ばすような強さに目を奪われ、姉の夫ジョーの順朴な心の優しさに癒される。

幕間なし、1時間40分ほどの中で人間の半生が次々と展開していく。舞台セットがほぼ変化しない中、ステージ上のちょっとした空間を利用してあっという間に別の場面が作り出される演出は見事。ピップの人生を追いながら、実は周辺の人物それぞれの人生をも描かれているが、不思議と混乱せず整理しながら追いかけていくことができる。とはいえ、後半になればなるほど「あのときのアレはこの場面の伏線だったか!」と気づかされることも。終演後にはピップとその周辺の人々の人生をじっくりと振り返り、願わくばもう一度見直したい、そんな気持ちになるだろう。

スタジオライフ恒例、2チームでの上演形式。片方のチームを観たあとでもう一つのチームの舞台を観ると、同じ役柄でも演じる者のちょっとした解釈の違いで、新しい人物像が見えてくる。そういう点でも本作は2パターンどちらも観てほしい作品だ。

GREAT EXPECTATION-大いなる遺産- 詳細情報

主催
  • スタジオライフ
公演
劇場
  • 新宿シアターサンモール
キャスト
スタッフ

『GREAT EXPECTATION-大いなる遺産-』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP