HEADLINE

作品データベース

コンタクト (2014年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンタクト

18世紀のフランス、1950年代そして現代のNY…3つの場面で描かれる「人と人とのふれあい(コンタクト)」とは?

『コンタクト』はブロードウェイを代表する演出家の一人、スーザン・ストローマンが初めて演出を担当したミュージカル。18世紀のフランス、1950年代と現代のニューヨークという三つの場面で構成され、それぞれのシーンで「人と人とのふれあい(コンタクト)」が描かれている。

使われる音楽はジャズやクラシックなどの既成曲。歌は一切なく台詞も必要最低限。表現のほとんどをダンスが占めるという斬新な手法が大評判となり、2000年のトニー賞では最優秀作品賞、最優秀振付賞など4部門を獲得。劇団四季では2002年の初演以来、総公演回数585回を数え、四季の代表的なレパートリー作品として多くの観客に愛されている。以下各場面の見どころを紹介しよう。

Part1:「SWINGING」の舞台は18世紀のフランス。一組の貴族のカップルと召使いの男性が森にピクニックに来ている。ブランコを使ってのアクロバティックさと優雅さが融合したダンスが楽しい。ラストのどこか風刺の効いた“オチ”にはつい笑顔がこぼれる。

Part2:「DID YOU MOVE?」は1954年のニューヨーク。イタリアンのレストランにやって来たマフィアのボスらしき支配的な夫と従属する妻。あまりに強権的な夫が席を立つと、妻は妄想の世界で自由に踊りだす。彼女の心情に合わせて変化する照明や周囲の登場人物たちの演技も見どころの一つだ。

Part3:「CONTACT」は現代のニューヨークが舞台。地位も名誉も手に入れ、周囲からは成功者と思われている広告代理店の若い重役、マイケル・ワイリー。だが彼の心の中は空しさで溢れ、ある晩自殺を図ろうとする。そこで彼が見た“幻影”とは。何が現実で何が夢なのか、観客もマイケルと共にその不思議な世界に魅了される。現代人が抱える“闇”と、ひょんなことからその先に見える“光”。Barでのダンスシーンは圧巻。

歌もなく、台詞も最小限と言う事で、登場人物たちの心情は主にダンスで表現されていく。今回『コンタクト』にキャスティングされているのは劇団四季の精鋭ダンサーたち。Part1では華麗に踊る召使いを演じ、Part2、Part3で場の温度を上げるダンスを魅せる松島勇気、内気な妻から奔放な女へと瞬時に変化する青いドレスの坂田加奈子、アンサンブルとして各シーンで多彩なキャラクターを打ち出してくる加藤久美子、岩崎晋也、西尾健治らのバリエーション&情感豊かなダンスは心に刺さる。そして“踊れない男”マイケル・ワイリーを演じる田邊真也はとことんチャーミングだ。

『コンタクト』の登場人物たちは皆、他者との“コンタクト(ふれあい)”を求め、葛藤している。その葛藤や言葉にならない思いがダンスでより雄弁に語られていく。スタイリッシュでありながら、人間の“孤独”にスポットをあてた本作をぜひ劇場で体感して欲しい。

コンタクト 詳細情報

主催
  • 劇団四季
公演
劇場
  • 自由劇場

『コンタクト』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP