エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

鑪-たたら (2015年)

001250.jpg

無器用な男たちの生き様が、我々の人生にも重なる部分があるかもしれない。劇団青年座創立60周年記念公演

K市はかつて鋳物の町として栄えたが今は都会のベッドタウン。
今西康平は親から継いだ鋳物工場を早々に手放し、今は不動産ブローカーとして暮らしている。
若い頃、康平と一緒に鋳物の修行をしていた水沼鉄三は、余所で職人を続け現代の名工として活躍していたが、息子の死をきっかけにK市に帰って来た。
同じ頃、離婚で妻に預けた康平の息子・佐伯幹生も父を頼ってやって来る。
扱いに困り、娘の佐伯瑞穂に事情を聴くと、幹生は職を転々とした後、どこにも就職出来なくなりひきこもりになったとの事だった。
そんな折、斉藤賢治が経営する小さな鋳物工場は倒産の危機に瀕し、康平に売却する相談を進めていた。
水沼房枝は兄・鉄三が帰って来ていることを話し、雇ってもらえないか頼む。しかし康平の部下、高岡翔太の情報から意外な売却先が明らかになる。

詳細情報

主催
  • 劇団青年座
公演期間
劇場
  • 青年座劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『鑪-たたら』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る