エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

禁断の裸体 (2015年)

001224.jpg

近代主義劇作家ネルソン・ロドリゲスの代表作をポツドール主宰・三浦大輔が演出。人間の本質をえぐりだす!

妻の死を乗り越えられないエルクラーノ(内野)。兄を憎む弟パトリーシオ(池内)は馴染みの娼婦ジェニー(寺島)に会いに行き、エルクラーノと関係を持つように勧める。パトリーシオは彼女の裸の写真を持ってエルクラーノを訪ねるが、弟の言う事にエルクラーノは憤慨する。しかし、泥酔状態でジェニーを訪ね三日間を過ごしてしまう…。ジェニーは彼に心を奪われ、エルクラーノもジェニーにだんだん想いを寄せるが、エルクラーノと同じく母の死を受け入れられない息子セルジーニョ(野村周平)は、父親が母親の死を自分と同じように悼まないことに苛立ちを覚え、反発する。
エルクラーノ自身も、彼女が売春婦であることや、妻の死後に交わしたセルジーニョとの約束など、さまざまな苦悩が自分を追い込む。
弟の陰謀や、対立する息子。男と女、セックスと愛、結婚と、生と死と、崩壊していく家族の結末は…。

詳細情報

主催
  • Bunkamura
公演期間
劇場
  • Bunkamuraシアターコクーン
キャスト
スタッフ
公式サイト 『禁断の裸体』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る