HEADLINE

コラム

[上村由紀子]

【追悼・蜷川幸雄さん】「お前、なんで自分が受かったか分かってんの?」

2016年5月12日、日本の演劇界・・・いや、世界のエンターテインメント業界を揺るがす報道が駆け巡った。演出家・蜷川幸雄氏死去のニュースである。享年80歳。各マスコミが報道と共に出した写真の中では、相変わらず細いフレームの眼鏡をかけた蜷川さんが、どこか照れ臭そうなお顔で微笑んでいた。 今回は日本の演...

004935.jpg
[月島ゆみ]

『ザ・カーマン』磨き抜かれたダンサーたちの肉体が織りなす情熱と運命の物語

男性ダンサーを主役にした衝撃的な『白鳥の湖』の振り付けで知られるマシュー・ボーンが、オペラ『カルメン』の音楽をベースに創作した、ホットなダンスで語られ...

『ザ・カーマン』コラム
[上村由紀子]

ミュージカル『グランドホテル』 二つの世界から浮かび上がる“人生”!

2016年4月9日に赤坂ACTシアターで初日の幕を開けたミュージカル『グランドホテル』。1920年代の終盤、ベルリンに建つ「グランドホテル」を舞台に、...

ミュージカル『グランドホテル』コラム
[エンタステージ編集部]

【エンタステージ2015総まとめ】2.5次元演劇、2015年の進化をふり返る!

日本独自の舞台作品として、更なる飛躍を遂げる2.5次元演劇。今年もたくさんの演目が上演され、日本のみならず、海外からの集客も手伝って、より一層の盛り上...

2015まとめコラム2.5次元編
[河野桃子]

【エンタステージ2015総まとめ】2015年のストレートプレイは!?

2015年のストレートプレイは、散りばめられた個性 2015年の演劇界は、まさに粒ぞろいだった。「コレしかない!」と大きく突出した作品がないのは、ど...

エンタステージアワード2015
[上村由紀子]

【エンタステージ2015総まとめ】泣いた、笑った、心震えた!2015年のミュージカルシーンを振り返る&各賞発表!

2015年もさまざまな劇場でドラマが生まれ、多くの観客の人生を変えた。あなたはこの一年で何回魂を揺さぶられる作品と出会っただろうか。このコラムでは20...

エンタステージアワード2015
[柏木しょうこ]

『夏の夜の夢』シェイクスピアが奏でる――イタズラな恋の魔法

自由と解放。 この舞台には、この2つのエネルギーがみなぎっている。 自由——演出家ジュリー・テイモアは、想像力を自由にする。 シェイクスピア作品の中で...

『夏の夜の夢』
[櫻井宏充]

トニー賞受賞作家ジュリー・テイモア来日!『夏の夜の夢』Q&A試写会開催

ブロードウェイの大ヒット舞台『ライオンキング』でも演出を務めた、トニー賞受賞作家でもあるジュリー・テイモア。彼女のプロダクションとして豪華なスタッフ・...

ジュリー・テイモア『夏の夜の夢』Q&A試写会
[エンタステージ編集部]

現地取材!ハウステンボス歌劇団&ハウステンボス歌劇学院に潜入!

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」をご存じですか? 行ったことがなくてもその名前は聞いたことがある、という方も多いことかと思います。 ...

003736.jpg
[上村由紀子]

~実力者たちの饗宴~ミュージカル『CHESS』の世界

2015年9月27日(日)に東京芸術劇場 プレイハウスにて初日の幕を開けたミュージカル『CHESS』。『エビータ』『ジーザス・クライスト=スーパースタ...

ミュージカル『CHESS』1
[藤井あや]

田代万里生は、ミルクのような甘さを従えて

2011年、「舞台の女王」との共演 太宰治の小説『正義と微笑』の中に、こんな一節がある。 「ミルクを一口飲んだくらいの甘さを体内に感じて」 田代万里生の印象は、まさにこれだ。 関連記事:ミュージカル『CHESS』アービター役 田代万里生からメッセージ! 田代を初めて間近で見たのは、2011年、『ボニ...

田代万里生
[吉永美和子]

稀代の野外劇集団「維新派」ガイド〈後編〉~心を豊かにする芝居“体験”

2015年9月19日(土)~27日(日)に、奈良県の曽爾村で、新作野外劇『トワイライト』を上演する大阪の劇団「維新派」。前編ではその歴史と演技スタイル...

維新派『トワイライト』
[吉永美和子]

稀代の野外劇集団「維新派」ガイド〈前編〉~「ビルドアンドスクラップ」の美学

『台湾の灰色の牛が背のびをしたとき』(2010年) 瀬戸内の孤島に約4,000本の丸太を使った劇場を打ち立てたと思えば、池袋のビルの屋上でミニマムな...

維新派『台湾の灰色の牛が背のびをしたとき』
[吉永美和子]

東京公演ついに開幕!劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』

大阪・博多公演が終了し、いよいよ東京公演を残すのみとなった、劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』。「オールスター」...

五右衛門vs轟天
[上村由紀子]

濱田めぐみ 終わりなき“挑戦”の先に見えるもの

2015年7月に赤坂ACTシアターで開幕した舞台『サンセット大通り』。ビリー・ワイルダー監督の同名映画に『キャッツ』『オペラ座の怪人』の作曲家としても...

『サンセット大通り』濱田めぐみ
[吉永美和子]

劇団「ヨーロッパ企画」人気の秘密を探る<後編> ~役者のあり方と劇団のメディア戦略

前回のコラムで、ヨーロッパ企画の台本は役者のエチュード(即興芝居)によって作られるという話をしたが、それも良いアイディアを能動的に考えられる、個性的な...

「ヨーロッパ企画」
[柏木しょうこ]

NTLをオススメする三つの理由!今、最高にノってる英国発の舞台を堪能しよう

テレビだけではない。映画だけでもない。ましてや英国男子だけではない。 イギリスの演劇界もまた、すごいことになっている。 今年のトニー賞演劇部門では、主...

002930.jpg
[柏木しょうこ]

トニー賞リバイバル作品に注目! 古き良きブロードウェイ・ミュージカルの世界

トニー賞のミュージカル部門リバイバル作品賞に輝いた『王様と私』をはじめ、『On the Town(踊る大紐育)』『On the Twentieth C...

NYの広告
[吉永美和子]

劇団「ヨーロッパ企画」人気の秘密を探る<前編> ~異色の劇団が起こした革命

1998年の結成以来、コメディにこだわった舞台を作り続け、今では全国で1万人をも動員するまでになった京都の劇団「ヨーロッパ企画」。動員アップのきっかけ...

『サマータイムマシン・ブルース』
[エンタステージ編集部]

【結果まとめ】第69回トニー賞授賞式 受賞作品・受賞結果

アメリカの演劇の祭典、第69回トニー賞授賞式が現地時間2015年6月7日(日)(現地時間)ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて幕を開け...

WOWOWスタジオ『トニー賞』

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のコラム

WRITER LIST

コラムライター

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP