HEADLINE

コラム

スペシャル映像が文字でも楽しめる!『井上芳雄の小部屋 ゲスト 渡辺麻友(AKB48)』対談の模様を全文掲載!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル界のプリンスこと井上芳雄がホストを務めるトーク番組『それゆけ!ミュージカル応援し隊 井上芳雄の小部屋』がついにWOWOWでスタート。2016年12月18日に第1回(ゲスト:中川晃教)、2017年1月2日に第2回(ゲスト:渡辺麻友(AKB48))が放送され、大きな反響を生んでいます。

今回、エンタステージでは、この注目プログラムと連動したコラム「文字で楽しむ『井上芳雄の小部屋』」を皆さまにお届けします。このコラムでは、番組内でのトーク内容をほぼ全編にわたり書き起こし。ミュージカル愛溢れる濃密なトークを、文字という形でじっくりと味わっていただければ幸いです。また、WOWOWでの放送を見ることができなかった方も、ぜひこの機会にスター同士のスペシャルトークをお楽しみください。

『井上芳雄の小部屋 ゲスト 渡辺麻友(AKB48)』

第2回のゲストには、井上芳雄と浦井健治、山崎育三郎の3人が結成したユニット“StarS”が初めてレギュラー出演したミュージカルコメディ番組『トライベッカ』で共演の渡辺麻友(AKB48)が登場。ミュージカル俳優である井上芳雄と、プライベートで観劇に行くほどのミュージカルファンだという渡辺麻友の二人が、俳優とファンの両面から語ったミュージカルトークをどうぞ!

関連記事:記念すべき第1回!井上芳雄×中川晃教、夢の対談はこちら!

井上:どうも。今日はありがとうございます。

渡辺:よろしくお願い致します!

井上:まあ座ってください。座ってたけど(笑)。ありがとうございます。

渡辺:こちらこそ。

井上:この番組では初めてこういう試みをしているので、ちょっとどうなるかわからないですが。とにかくミュージカルに縁がある方に来てもらおうということで、まさかまゆゆ(渡辺麻友の愛称)が来てくれるとはね。

渡辺:ほんとに私なんかが来て大丈夫なのかなと。

井上:いいんです。

渡辺:緊張しています。

井上:むしろ全部のゲストをまゆゆにしたいくらいなので。

渡辺:それはちょっと申し訳ないので・・・。

井上:それだといろんなところに怒られると思うので(笑)。でもお会いするのは久しぶりですよね。

渡辺:そうですね。

井上:『トライベッカ』の撮影以来?

渡辺:最後の収録以来だと思います。

井上:僕たち、WOWOWで『トライベッカ』という番組をやらせてもらってましたが、どうでした?反響は?

渡辺:反響はありました。私のファンの皆さんも。

井上:どんな感じですか?

渡辺:すごく喜んでくれていましたね。私たちAKBのファンの皆さんはミュージカルに触れる機会が少ないと思うので、すごく新鮮だったみたいです。

井上:あいつら(StarS)なんなんだという話ですよね?きっと。

渡辺:ミュージカルの魅力にすごく気づいたみたいで。

井上:見てみたいと。

渡辺:実際に足を運んで下さった方も何人かいて、反響はかなり大きかったです。

井上:ちなみに我々のファンの人は戸惑っている人も多くて。「すごいところまでやりますね」とか。

渡辺:確かにそうですよね。

井上:あそこまで・・・まゆゆも悪魔になったりして。

渡辺:はい。結構いろいろできました。いろんな私が見られてファンの方も喜んで下さったので。

井上:そういう面もあったんですね。少しでも良いところがあったのなら良かった。まゆゆはすごいミュージカル好きですよね。

渡辺:大好きです。

井上:何がきっかけでそんなにミュージカル好きになったんですか?

渡辺:そうですね、最初の入り口は宝塚にハマって。

井上:宝塚好きな印象があります。

渡辺:最初は宝塚オンリーで。

井上:宝塚は誰から?

渡辺:最初に劇場に足を運んだ時は、蘭寿とむさんのトップお披露目の『ファントム』でした。

井上:あれも良い作品ですね。

渡辺:あれを最初に劇場に観に行って、そこからドハマリして。

井上:じゃあそんなに昔からではないですね。

渡辺:そうですね。5年前。

井上:その時はAKBとしてデビューしていた?

渡辺:はい、絶賛(デビュー)していました。

井上:AKB中だった。

渡辺:AKB中でした。

井上:やる前からじゃなくて、デビューしてからミュージカルが好きになったと。

渡辺:(デビュー)してからですね。それまでもずっと興味はあったんですけど、なかなか足を運ぶ勇気がなかったというか。

井上:そうですよね、きっかけがないと。

渡辺:映像とかでは見ていたんですが、きっかけが行く機会がなかなかなくて。

井上:宝塚を観て。

渡辺:宝塚を観て、最初は宝塚の舞台をほとんど観ていたんですが、そこから帝劇とか(宝塚)以外のものを。

井上:男子も出てくるものを。

渡辺:そうですね。

井上:宝塚が好きな人って、男役が好きじゃないですか。

渡辺:はい。

井上:僕も宝塚好きだし、かっこいいじゃない。だから、「生の男の人がやっているミュージカルって宝塚と違う」みたいな声を聞くこともある。

渡辺:最初はちょっと戸惑いました。

井上:あんなにかっこよくないですもんね。

渡辺:男役はちょっと特殊というか。女性でも男性でもないというか。

井上:理想像ですね。実際にはいない人たちですもんね。

渡辺:はい。

井上:男子が出ているミュージカルを観ても幻滅はしなかった?

渡辺:むしろ、また宝塚とは違ったミュージカルの世界にどんどん引き込まれて。

井上:元々AKBで歌ったり踊ったりしているわけですもんね。

渡辺:そうですね。

井上:だから、もともと歌って踊ったりするのは好き?

渡辺:はい、自分がやるのも好きだし、見るのもですね。見始めてからミュージカルの魅力に(ハマリました)。

井上:そこはまゆゆの素晴らしいところですね。自分のやっている仕事と似ているのに、プライベートでもすごく観に来てくれる。ほんとに仕事しているのかな?って(笑)。

渡辺:確かに自分でもそう思いますね。

井上:スケジュールを縫ってきてるんだろうなって。

渡辺:それくらいどうにか時間を作って、少しでもできれば観に行っているんで。

井上:そこは尊敬しますね。

渡辺:好きすぎて自然と足が劇場に。

井上:AKBとミュージカルだとどっちが好きというのはある?

渡辺:ミュージカル。

井上:(笑)。

渡辺:もちろんAKBも好きですけど。

井上:まさか答えるとは思わなかった。

まゆ:それは違った愛情ですね。

井上:趣味と本業みたいなものね。OK。そういうわけで、そんなミュージカルをやっている人よりもミュージカル愛が強いんじゃなかろうかというまゆゆに、魅力を語ってもらうためにこちらのフリップを用意しております。アンケートにも答えてもらいました。どうぞこちらです!(フリップ登場)生まれて初めてこういうのを嵌めてみました。

渡辺:なかなか張りづらかった。

井上:「まゆゆオススメ、日本ミュージカル知っておくべき神7」となっています。だいぶAKBに寄せていますね。

渡辺:すみません。

井上:アンケートに答えてもらったということで、じゃあ一問目から、まずは「これでハマった 神作品は?」。今の話にあったのかな。じゃあめくってみます。

(回答:『レ・ミゼラブル』)

井上:お!『レ・ミゼラブル』。

渡辺:はい。

井上:ミュージカルというもの自体では。

渡辺:そうですね、多分宝塚じゃない一般の作品だと最初に観たのは『レ・ミゼラブル』です。

井上:帝国劇場で。

渡辺:はい。

井上:山崎育三郎出てました?

渡辺:ちょうど出てました。育三郎さんのマリウスの。

井上:ちょっとチャラめのマリウスやってました?

渡辺:確かに素敵なマリウスで。

井上:マリウス自体はチャラい役ではないんですが、育三郎がやるとちょっとチャラくなる。

渡辺:はい、そうですね(笑)。

井上:あんまり言うと悪口になりますからね。彼の持ち味なんで。そうか、『レ・ミゼラブル』ですか。どんなところが良いと思ったんですか?

渡辺:何かもう、ずっと全編歌で歌いっぱなしで進んでいくのにすごく衝撃を受けまして。作品が素晴らしいのはもちろん、演者の皆さんの力というか同じ人間とは思えなくて。すごすぎて。

井上:それは歌声が?

渡辺:歌だったり表現力だったりお芝居だったり。ほんとにこれは同じ人間なんだろうかと思って。すごい衝撃を受けて。

井上:帝劇がそうですけど、舞台、劇場がすごく大きいし遠いし。そこに出ている人はすごい人に見えますよね。

渡辺:見えますね。ほんとに。別次元の世界が。

井上:僕も出ているんですけど、自分が出なくなってから帝劇に観に行く時に、こんなところに自分が立ってたのが信じられないと毎回思います。

渡辺:そうなんですね!

井上:はい。こんなところに立ってたなんて頭がおかしいなって思うくらい。そういう世界に見えます。

渡辺:実際に舞台に立っている役者さんでもそう思うんですか?

井上:なんかあれ(帝劇)って、立ってみるとわかるんですが、客席から舞台を見るとすごく大きいと思いますが、舞台から客席を見るとそこまで大きく見えない。見え方が全然違う。そのせいもあると思います。

渡辺:そうなんだ。

井上:『レ・ミゼラブル』ですね。曲もいいですもんね。

渡辺:そうなんですよ。ほんとにもうそれで。

井上:物語もドラマチックだし。何回見ても泣いちゃいますよね。

渡辺:号泣しましたね。最初観た時は。

井上:出ている人たちも大きい人たちが多いというか。最初に『レ・ミゼラブル』を見た時、岡幸二郎さんが出ていて、まだ全然ミュージカルもやっていなかったんですが、岡さんが開演直前にロビーを走ってたんです。

渡辺:え?どういうことですか?

井上:わからないけど、チケット預けるのを忘れたとか緊急事態っぽくて、素の岡さんがロビーを走ってました。自分が大学生かなんかの時にそれを見て、岡幸二郎だ!と思って。すごく背が大きいし、ガタイもすごいんですよ。こんな人がミュージカルをやるんだと思って。自分はひょろひょろしているし、全然別世界だなという感じがしますね。

渡辺:しますね。

井上:今でも『レ・ミゼラブル』は上演されたら(観に行く)?

渡辺:何回も足を運んで。

井上:ちなみに何の役が一番好きなんですか?

渡辺:好きな役は・・・どの役も魅力的なんですが、私はエポニーヌが。

井上:ああ、まゆゆはね。

渡辺:感情移入しちゃうんですよね。

井上:コゼットっていまいち気持ちが乗らない役ですよね。感情移入しにくいというか。

渡辺:確かに難しいかな。エポニーヌとかの方が(感情移入しやすい)。

井上:犠牲とかね。日本のお客さんはエポニーヌが大好きなんですよ。

渡辺:やっぱりそうですよね。

井上:コゼットの方が難しくて、やる人もどうやったらいいか難しいって。でもまゆゆはコゼットもエポニーヌもできそうですよね。

渡辺:え?!できますか?そんな。

井上:やるとなったらエポニーヌの方ですよね。

渡辺:そうですね。曲もすごい好きなんで、「オン・マイ・オウン」が。

井上:そんな日が来るかもしれませんね。

渡辺:頑張ります。

井上:では次の質問にいきます。「私のセンター推しミュージカルスターは?」自分的なセンターはということですね。ではいきます。

(回答:井上芳雄さん)

井上:おー、これは気を遣われている感が・・・。

渡辺:いや、違います。ご本人を目の前にして、すごい恥ずかしいんですが。

井上:でもそう言うしかないというか。ほんとに。

渡辺:いや、心からそう思っています。

井上:心から?ちなみに僕のことをどの時点で知ったんですか?僕は『レ・ミゼラブル』には出てないじゃないですか。

渡辺:存在自体はずっと知ってて、ミュージカル界のプリンスというか、すごい人気を誇っている人がいると認識していました。なかなか足を運ぶ機会がなくて、最初に舞台を拝見したのは『モーツァルト!』の最後の、ラストヴォルフガングの時。

井上:最近なんですね。

渡辺:その時に初めて生で舞台を見させて頂いて、すごい衝撃を受けました。

井上:『モーツァルト!』もすごい好きだもんね。

渡辺:大好きで。もうなんか日本にこんなすごい人がいるんだと思って。

井上:もうちょっともらっていいですか?(笑)

渡辺:ほんとにもっと早く見ておけばよかったとすごく後悔しました。

井上:ほんとに?なんか自分のことをそんなに褒めていただくのは申し訳ないけど、いつもまゆゆみたいな有名な方というとアレですが・・・ファンなんです、とか応援していると言われても、にわかには信じられないんですね。なんの政治が働いてそんなことを俺に言っているのかなと。

渡辺:そんなふうに考えているんですか?

井上:ないですか?まゆゆも「ファンです!」と有名人が来た時に、素直に受け取れます?

渡辺:確かにちょっと裏で考えちゃうかもしれない。ああ、なるほど。

井上:しかもAKBのトップを張ってるまゆゆがそんなわけないじゃないかと。僕は人を信じるのに結構時間がかかるタイプで。StarSの二人もギリまだ信じられてないくらいです。

渡辺:そうなんですか?!

井上:そうなんです。

渡辺:びっくり!

井上:それくらい信じられないんですが、じゃあ僕のどんなところがいいんですか?

渡辺:えー。なんですかね。たくさんあるんですけど。

井上:一つだけ、冥土の土産に聞かせてください。

渡辺:一つに絞れない、どうしよう。

井上:『モーツァルト!』が好きというところはね。歌もドラマチックだし、役柄も変わった激しい役ですもんね。

渡辺:えー、ほんとにたくさんあるんですけど。

井上:たくさんあるわりには全然出てこないという。

渡辺:歌唱力はもちろんですし、オーラというか華というか。

井上:それ、嬉しいですね。技術的なことはいろいろあるんでしょうけど、存在がというと。

渡辺:舞台に立っていらっしゃるだけで、何かもう、心を動かされるというか。役を演じているお姿もほんとに素晴らしくて。

井上:そんな僕、まゆゆが推しているミュージカルスターである僕の写真があるということで・・・

渡辺:これですね。

井上:そりゃ写真はあるでしょうけど。

渡辺:これは私の推しスターの井上芳雄さんと、私が尊敬して止まない蘭寿とむさんとのスリーショットの写真です。

井上:覚えてます。(シアター)クリエで撮った写真だ。

渡辺:これは一生の宝です。

井上:これって去年一昨年くらいの話じゃないですか?

渡辺:去年の2月とかですね。

井上:そうか、その時初めてちゃんとお会いしたんですよね。

渡辺:その時に初めてお会いさせて頂いて。

井上:よく覚えています。すごい昔の気がします。

渡辺:確かに結構古い記憶のような感じがします。

井上:だいぶ今とは違うというか。

渡辺:若いというか。

井上:そんなに歳が変わったわけではないですが。

渡辺:なんかキモいですね。今と違う。

井上:髪の毛もちょっと茶色っぽい。

渡辺:最近ちょっと染めて。人生で初めて。

井上:今までずっと地黒だったんですか?

渡辺:地黒(笑)

井上:地毛というか自分の黒だったんですか?

渡辺:そうです。染めたことがなくて。

井上:それは心境の変化で?

渡辺:なんかちょっと殻を破りたいというか。

井上:とってもお似合いですけどね。

渡辺:嬉しい!

井上:ずっと染めたことが無い人は、染めるのを躊躇するみたいですね。

渡辺:そうですね、意外と平気でした。

井上:しみませんでした?

渡辺:逆に黒に飽きちゃったというか、何か変化が(欲しくて)。

井上:どんだけ黒いんだ、私の髪というか。

渡辺:22年間ずっと黒だったんで。

井上:ミュージカル界でも新妻聖子という人がずーっと同じ様に黒かったんです。

渡辺:そうですよね。黒いイメージが。

井上:どこかで茶色にしたのかな。だからすごい違和感ありましたよね。新妻聖子ちゃん、茶色いなあって。

渡辺:確かに黒髪のイメージが強いですね。

井上:だからファンの人もびっくりしたでしょうね。

渡辺:していました。握手会とかでも「なんで染めたの?」みたいな。

井上:ファンの人は嫌なんですか?

渡辺:一部の人は嫌がっている方もいたんですが、嫌がっていた方も見慣れたらこっちの方が好きかなって。

井上:そりゃいろんなまゆゆがいていいかなって。

渡辺:いろんな自分を出していきたかったので。

井上:そりゃそうですよ。出していきましょう。これ懐かしいですね。

渡辺:これは宝物です。

★☆★二人の楽しいお話はまだまだ続きます!後半はこちらをクリック★☆★

◆放送情報
『それゆけ!ミュージカル応援し隊 井上芳雄の小部屋 ゲスト 島田歌穂』
2月11日(土・祝)午後5:10 WOWOWライブ
2月14日(火)午前10:40 WOWOWライブ
番組公式サイト
http://www.wowow.co.jp/detail/109809/003/01

☆『井上芳雄の小部屋』スペシャル映像公開中!
「ミュージカル応援し隊」公式サイトはこちら
http://www.wowow.co.jp/stage/musical/

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のコラム

WRITER LIST

コラムライター

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP