HEADLINE

コラム

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、2016年も数えるほどになってまいりました。WOWOWでは今年で7回目を迎える「勝手に演劇大賞」への投票を12月31日(土)まで募集中しています。エンタステージでは、11月末より「2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?」企画を開催してまいりました。早速Twitterにてお寄せいただいた皆様のお声と共に、【5・6月編】を振り返ってまいりたいと思います!(初日の早い公演からご紹介いたします)

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~

関連記事:2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~3・4月編~

※いただいたコメントは、一部編集しています。ご了承ください。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_2
(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

◆舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(初演)
【上演期間】
5月3日(火・祝)~5月14日(土) 東京・シアター1010
5月17日(火)~5月20日(金) 大阪・大阪メルパルクホール
【脚本・演出】末満健一
【出演】鈴木拡樹、荒牧慶彦、佐々木喜英、輝馬、納谷健、北村諒、和田雅成、椎名鯛造、廣瀬大介、杉江大志、東啓介、染谷俊之、丸目聖人、窪寺昭、ほか

DMMゲームズが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』を原作としたストレートプレイ版舞台、通称“刀ステ”。本当にゲームの中から抜け出てきたような刀剣男士12振りの紡ぐ物語に、多くの審神者が虜になりました。12月15日(木)からは待望の再演がスタートしています。殺陣をはじめ、随所に見られる初演との違いにも注目です。
※初演の開幕記事はこちら
※再演の開幕記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・ゲームの世界をここまで深くできるのかと・・・!刀ステ以降、それぞれの刀の見方が変わった気がします。
・本当にチケットが取れない公演でしたが、幸運にも劇場で観ることができました!殺陣が素晴らしく感動しました。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_3

◆『8月の家族たち』
【上演期間】
5月7日(土)~5月29(日) 東京・シアターコクーン
6月2日(木)~6月5日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール
【作】トレイシー・レッツ
【上演台本・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、橋本さとし、犬山イヌコ、羽鳥名美子、中村靖日、藤田秀世、小野花梨、村井國夫、木場勝己、生瀬勝久

ピューリッツァー賞やトニー賞最優秀作品賞など、数々の賞を受賞してきた戯曲を、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんが手掛けました。「三姉妹作品」の演出を得意とするKERAさんが、秋山菜津子さん、常盤貴子さん、音月桂さん演じる「三姉妹と家族たちの不協和音」をブラック・コメディとして見事に仕上げました。
※麻実れいさんのインタビューはこちら
※公演レポートはこちら

【Twitterでのコメント】
・大好きなKERA作品で麻美れいさんと秋山奈津子さんを観れて幸せでした。
・バーバラ役の秋山奈津子さんが、激しく怒るシーンの迫力に圧倒されました。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_4
(C)ムッシュ・モウソワール第二回日本公演実行委員会

◆ムッシュ・モウソワール第二回来日公演『レッド・ジャケット』
【上演期間】5月11日(水)~5月15日(日) 東京・草月ホール
【脚本・演出】西田シャトナー伯
【出演】平野良伯、滝川英治伯、宮下雄也伯、佐藤永典伯、オラキオ伯

脚本・演出家西田シャトナー伯が生み出した“妄想”をテーマにした新しいフェイクコメディシリーズの第2弾。平野良伯、宮下雄也伯、オラキオ伯の再来日、そして滝川英治伯、佐藤永典伯の初来日に、どんな妄想演劇が繰り広げられるのか、胸躍らせた方がたくさんいらっしゃいました。究極にシンプルで、多様な妄想の世界で存分に我々を楽しませてくれた伯たち。またの来日を期待したいですね。
※西田シャトナー伯&佐藤永典伯のインタビューはこちら
※開幕記事はこちら
※動画記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・どこまでがアドリブなのか、どこまでが台本通りなのか分からなくなる様なやりたい放題さと、観る側の想像力をぐいぐい広げて引き出していくような妄想演劇。笑えるのにどこか哀しい。例え話がこんなに広がっていくとは!
・劇場で観ても、DVDで観ても、何度でも楽しい作品でした。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_5

◆WBB vol.10『懲悪バスターズ』
【上演期間】
5月19日(木)~5月22日(日) 東京・東京芸術劇場 プレイハウス
5月28日(土)~5月29日(日) 兵庫・新神戸オリエンタル劇場
【脚本・演出】佐野大樹
【振付】OH-SE(電撃チョモランマ隊)
【出演】
佐野瑞樹 佐野大樹/
田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
鈴木勝吾 OH-SE(電撃チョモランマ隊) 五十嵐麻朝 有澤樟太郎
政岡泰志(動物電気)/
小野友広 平井浩基 磯村洋介 花塚廉太郎/
土屋佑壱(*pnish*) 原金太郎

ジャニーズ事務所所属の佐野瑞樹と、演劇ユニット*pnish*(パニッシュ)のリーダー佐野大樹による兄弟演劇ユニット「WBB」の、記念すべき第10回公演は、初の東京芸術劇場 プレイハウス進出や、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんがゲスト出演するなど、話題満載の公演となりました。ダンスあり、アクションありの“サイエンス×ホラー×アクション活劇”と銘打ちつつも、ほっこりハートフル?!な展開もありと盛りだくさんの内容になりました。
※製作発表の記事はこちら
※開幕記事はこちら
※動画記事はこちら

【Twitterでのコメント】
・落ちこぼれの悪霊たちと偏屈な天才科学者の心の通い合いを、ダンスありアクションありのステージでド派手に描いた作品。「楽しい」がぎゅっと詰め込まれていて、今も思い出すたび元気をくれます。大好き!
人間サイド、幽霊サイドのそれぞれのキャラクターも、衣装やダンスも最高でした!

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_6

◆ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』
【上演期間】
5月22日(日)~6月20日(月) 東京・シアタークリエ
※全国ツアーあり
【脚本】チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー
【演出】山田和也
【出演】森公美子、蘭寿とむ
石井一孝、大澄賢也、石川禅、春風ひとみ、浦嶋りんこ、宮澤エマ、泉見洋平、KENTARO、 上口耕平、今井清隆、鳳蘭、ほか

2014年の上演に続き、再演となった本作。ウーピー・ゴールドバーグ主演の大ヒット映画をミュージカル化したこの作品は、映画でウーピーが演じた歌手・デロリス役は、初演時にも圧倒的な歌唱力とコメディセンスで客席を爆笑の渦に巻き込んだ森公美子さんと、Wキャストとして新たに元宝塚男役トップスターの蘭寿とむさんが挑みました。年明けには、福岡、静岡、長野で公演が行われます。まだまだハッピーは止まらない!
※製作発表の動画記事はこちら
※森公美子さんのインタビューはこちら
※石川禅さん&今井清隆さんのインタビューはこちら
※公演レポートはこちら

【Twitterでのコメント】
・今年の再演では、カーテンコールがキャストと観客が一緒に踊れる参加型になっていて、本当に楽しかったです。このライブ感もこの作品の良さだと思います。最高でした!
・蘭寿とむさんが帝劇デビュー!私も一緒に帝劇デビューしました。

2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~_7

◆キャラメルボックス featuring D-BOYS『また逢おうと竜馬は言った』
【上演期間】
5月28日(土)~6月12日(日) 東京・サンシャイン劇場
6月16日(木)~6月20日(月) 兵庫・新神戸オリエンタル劇場
【脚本・演出】成井豊
【出演】陣内将、三津谷亮、岡田達也、大内厚雄、渡邊安理、山田悠介、小多田直樹、前山剛久、原田樹里、前田綾、実川貴美子、大滝真実

人気劇団キャラメルボックスのアナザーフェイス公演(他の劇団から複数のゲストを迎える公演)は、俳優集団D-BOYSとのコラボレーションとなりました。今回はBLACKバージョンとWHITEバージョンとしてWキャストが組まれ、“キャラメルボックス史上もっとも過酷な主役”と言われる「岡本」役と「竜馬」役が、BLACKバージョンを陳内将さん&岡田達也さん、WHITEバージョンを三津谷亮さん&大内厚雄さんという組み合わせで上演されました。違いが気になってどちらも観た!という方が多かったようです。
※公演レポートはこちら

【Twitterでのコメント】
・WHITEバージョンとBLACK バージョンがありメインがWキャストでしたが、どちらも熱く良い舞台でした。キャラメルボックスの代表作で人気も高い作品に放り込まれた客演の4人は、何度も再演を観ているキャラメルファンの心もしっかり掴み、泣かせました。
・WHITEバージョンでは、三津谷さん演じる岡本が予想外にヘタレでした(笑)。だからこそ、客席からの応援力がすごく、カーテンコールでのやり切った表情に思わず「がんばったね・・・」とホロリ。大内さんの竜馬のお茶目さ自由さ何でもありの保護者感と相性抜群でした。BLACKバージョンでは、陣内さん演じる岡本と岡田さん演じる竜馬のペアに、ここまで違うのかと驚きました。正統派というか、教科書イメージ通りの竜馬像。特に岡田さんは伸介との余りの落差に一瞬誰だか分かりませんでした。暑苦しいけど清々しい作品。

★2016年を振り返り!○月あなたは何観てた?~5・6月編~作品振り返りは、まだまだ続きます!★

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のコラム

WRITER LIST

コラムライター

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP