HEADLINE

コラム

劇団「ヨーロッパ企画」人気の秘密を探る<後編> ~役者のあり方と劇団のメディア戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のコラムで、ヨーロッパ企画の台本は役者のエチュード(即興芝居)によって作られるという話をしたが、それも良いアイディアを能動的に考えられる、個性的な役者がそろっているからできること。さらにそれぞれが役者業以外でもクリエイティブな活動を行い、その能力を結集して、イベントの企画や映像制作などのジャンルでも幅広く活躍している。後編はヨーロッパ企画の役者のあり方と、そのメディア戦略について解説していこう。

関連記事:前回のコラムはこちらからどうぞ!⇒劇団「ヨーロッパ企画」人気の秘密を探る<前編>~異色の劇団が起こした革命

普段の付き合いで見出した、誰にも負けない特性をとことん磨く。

「ヨーロッパ企画」

この集合写真を見てもわかる通り、ヨーロッパ企画には正直それほど華のある役者はいない(本当にすみません)。しかし「使い走り」「お調子者」「食いしん坊」「おたくっぽいツッコミ」「イジられるツッコミ」「エイリアン的たたずまい」「弱虫だけど強気」「考える前に行動する」「出落ち級のインパクトを与える」などの、誰もが一つは持っているはずの「これを演じさせたら誰にも負けない」という特性をすくい上げ、それを生かす役が集中的にふられるようになっている。

役者の魅力を計る時は、割と「どんな役でもできる」ということに重点が置かれがちだ。そのため役者にいろんな役をあてがい、それで上手くいく劇団や役者も多い。しかし彼らは、その個性が際立つようなキャラを劇団内では当て続け、何公演かを見ていくうちに「前も面白かったあの役者さん、今回も面白かったな」という形で、ジワジワと印象に残していく方法を選んだ。そして劇団では使われない技術は外部の公演で発揮してもらって、その意外性をさらに楽しんでもらえたら…ということなのだろう。

そして各役者の個性を見極め、それを円滑に活かす芝居を作るのには、意外にも「京都を拠点にしていること」が重要になっているそうだ。彼らは主宰の上田誠の実家である京都市内の製菓工場、通称「ヨーロッパハウス」で普段から頻繁にコミュニケーションを取り、それぞれの性格や最近の感心事などをお互いが何となく把握するという。この日常レベルからの密な観察や関係性があってこそ、各自の特性を生かし合ったナチュラルな群像会話を作り上げることができる、というわけなのだ。

上田自身「お互いが付かず離れずな距離を保つことができる、京都の街の大きさと雰囲気があってこそ。他の都市にいたら、全然違う劇になっていたと思う」と語っている。少し余談になるが、人気が出たら東京に移転するのが日本の劇団の常識のようになっている中、彼らがあえて京都にとどまり続けているのも、このやり方から生まれる劇団のカラーを大事にしたいのが大きな理由なんだそう。それでもメディアが注目する人気劇団になれたことは、首都圏以外で活動している劇団の大きな励みになっているはずだ。

ちなみに上記に箇条書きした役者の個性、あくまでも筆者個人の印象だが、実際の劇団員それぞれの特性ポイントだ。誰がどれに相当するかは、どうか各自で想像をめぐらせていただきたい。

関連記事:この二人の特性は…!?『キョートカクテル』ヨーロッパ企画・石田剛太&諏訪雅にインタビュー!「8割以上の人はこのストーリーに酔いしれてる!?」

★次ページでは、ヨーロッパ企画のメディア戦略に迫っていきます!

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のコラム

WRITER LIST

コラムライター

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP